アイザック環境事業本部

For environment 環境への取り組み

環境理念

株式会社アイザック・トランスポートは、
深刻化する大気汚染、地球温暖化、資源の枯渇などの地球環境に対応するため、
輸送サービスの提供という事業活動から生じる環境負担の低減を図るため、
自主的・環境的に環境保全活動に取り組みます。

環境方針

  1. 地球温暖化防止のため、二酸化炭素の排出量を削減します。
    1. 運行車両の整備、省エネ運行、省エネ運転により、CO2の削減に取り組みます。
    2. 電気使用量の削減
  2. 総排水量の削減を図ります。
    1. 水道水使用量の削減
  3. 廃棄物排出量削減のため、廃棄物の適正処理、リサイクルの推進を図ります。
  4. 化学物質の使用量の削減を図るために、保管・管理を徹底します。
  5. グリーン商品の購入量を増やすように推進を図ります。
  6. 環境関連の法規制、業界の取り決め、地域との協定を順守します。
  7. 環境への取り組みを環境活動レポートとしてとりまとめ公表します。
  8. この方針を全従業員に周知するとともに、全員参加で取り組みます。

エコアクション21

「エコアクション21」は、環境省が策定した『エコアクション21ガイドライン』に基づく事業者のための認証・登録制度。環境問題に真剣に取り組んでいることの「証」です。アイザック・トランスポートは今後も、環境にやさしい運輸業者として事業活動を展開していきます。

環境保全活動

アイザック・トランスポートは、車両から排出される温室効果ガスの削減を徹底するとともに、
オフィスにおいても日常的に、省エネ、省資源、廃棄物削減など、さまざまな環境保全活動を展開しています。

  • アイドリングを必要最小限に

    アイドリングを10分以上おこなうと、デジタルタコグラフが警報、ドライバーへの注意を促します。Nox(窒素酸化物)やPM(粒子状物質)など大気汚染物質の排出抑制に努めています。

  • エンジン回転数の管理

    速度、エンジン回転数、急発進、急加減速、連続走行時間などの運行状況データをもとに走行後のドライバーへ省エネ運転・安全運転の指導もあわせて行っています。

  • ベバストヒーター・クーラーの導入

    エンジンを切っても冷暖房できるベバスト社のヒーター、パーキング・クーラーを導入。アイドリングをゼロにし、大気汚染物質の排出を抑えます。
    ベバストヒーター導入車:17台
    ベバストクーラー導入車:1台
    (2018年現在、車輌入替時に随時導入予定)

  • 環境基準適合車の導入・排ガス規制

    内燃機関から排出される大気汚染物質の上限を定めた東京・大阪・兵庫での収集・運搬においては、排ガス規制適合車を運行。車両の入替や新車導入の際には、常に最新の環境基準に適合した車種を選択しています。

  • 省エネ・省資源への取り組み

    オフィスの日常業務でも、さまざまな環境保全に取り組んでいます。不要照明のこまめな消灯、クールビズ・ウォームビズ運動、分別による古紙リサイクルなど、全社員による継続的な取り組みを進めています。